書家 石飛博光

HOME博光書道会について>博光書道会の沿革

博光書道会の沿革

1968年(S43)
博光書道会創立。創玄展に出品し始める。
1975年(S50)
第1回社中展「博光会書展」開催。以後、第5回展まで毎年開催。
1979年(S54)
会報「鴻風」創刊。
1980年(S55)
博光会小品展開催。
1981年(S56)
第6回社中展「博光会書展」開催。以後、第15回展(平成2年)まで毎年開催。
1992年(H4)
第16回社中展「博光会書展」開催。
1993年(H5)
青年部「臨池会」創設。(のちに「飛鴻会」に改名)
1995年(H7)
幹部によるグループ展「生粋展」開催。
1998年(H10)
青年部「臨池会」第1回臨池会展開催。以後毎年開催。
第2回から「飛鴻会書展」に改名。
1999年(H11)
「光墨展」(日本橋教室)開催。「飛水会小品展」(NHK教室)開催。
2000年(H12)
「光月会書展」(赤坂特別講座)開催。
2001年(H13)
若葉会(小学生~高校生)錬成会(以後毎年)。師範の会、研修会。
2002年(H14)
「光墨展」(日本橋教室)開催。「水仙展」(NHK教室)開催。「第3回飛水会書展」(NHK教室)開催。
2003年(H15)
幹部によるグループ展「書の6人展」開催。
2005年(H17)
第1回博光会女流書展開催。
2006年(H18)
第2回博光会女流書展開催。
2007年(H19)
博光書道会40周年記念展開催。