書家 石飛博光

HOME>博光書道会について

博光書道会について

創玄書道会創立の春、大学を卒業し、私は高校の教師になった。
若者に囲まれての仕事は充実した時間であった。
書の魅力のとりこになった生徒たちが卒業し、毎日展、創玄展に出品することになり、その年を「博光会」の「元年」にしようということにした。1967年(昭和42年)のことである。

これまでにお互い大切にしてきた「ねがい」がいくつかある。
ものを考える力は、常に柔軟性をもっていこう。
左右に大きく揺れながら、ひたすら前進しよう。
お互い思ったことを遠慮なく言い合える会にしよう。
日新を心がけ、新しい仕事を怖がらずにやろう。
恥ずかしがらずに創作に挑戦する姿勢を持ちつづけよう。

古典や伝統は大切だが、ただ守るだけでは意味がない。
今日に伝えられてきた古典は、それぞれの時代の前衛であったはずだ。
新しい風を吹き込んで、今に蘇生させる仕事が大事であり、まさに温故知新である。
   (平成19年6月 40周年記念 博光会書展図録より抜粋)


事務局

会長
石飛 博光
副会長
田中 豪元・中田 李燁
理事長
大多和 玉祥
副理事長
塚原 秀巌・金敷 駸房・種家 杉晃・赤澤 寧生・井上 蓉花・緒方 小篁
運営委員
植田 真麗・江幡 太瓏・大塚 雅恵・帯向 芳園・川島 汀蒲・今 和希子・関  奨人・ 関根 悟牛・園田 大穹・中尾 芙蓉・西村 桃林・濱野 麗茱・廣田 真弓・不破 白暢・松本 知馨・三上 石鳳・石飛 智子
事務局長
塚原 秀巌
副事務局長
赤澤 寧生・種家 杉晃
事務局委員
【副事務局長補佐】三上 石鳳・関 奨人
濱野 麗茱・石飛 智子・今 和希子・黒澤 美穂

お問合せ

>>お問合せはこちらから